葉見ず花見ず

麗しのマダムになるはずがはっかけババアになってしまいました。世間の進歩についていけないババアの世迷言。

精神科通院日

ツキイチ恒例の通院です。精神疾患になってから、毎月さぼらず受診するわたしを褒めてあげたい。この継続力が他のことでしたら、わたしの生きる武器になったかもしれない。など夢をみつつ待合室に座っておりました。


文末をた。で終わるより、ですますにしたら上品な感じがするわ。


診察室で担当医とわたし
トーテモイライラすることを訴えましたら
担当医「どういうふうに?」
わたし「物を壊したり」
担当医「物をこわすぐらいならたいしたことないわよ」
わたし「イライラ。他人に迷ワイをかけそうです。なのでひきこもっています。包丁やまな板やフライパンを投げたり叩いたり夕食が作れません」
担当医「昨日の夕食は?」
わたし「肉焼いただけです」
担当医「肉を焼けるならいいのよの。薬は変更しなくてもいいね」 
わたしの心の声「1種へらしてください」
とは言えなかった。


担当医「イラだって変だったらすぐ来なさい」
わたし「変だったら、たぶん来れないと思います。それに暑いし」
担当医「暑いからねぇ。でもいらっしゃいね」


診察終わり。


それに、この総合病院に精神科があって、初診予約なし、死にたくなったりしたら予約外でも診てくれる、隠れ家的なところなのです。近隣のメンタルクリニックは初診は予約制、体調悪くてもすぐには診てくれない(前にわたしが通っていたとこは)


知らないから空いてます。
「先生、ここっていつも空いてますよね?」
「もう7人も診てるんだよ(8時半オープンでこのとき9時頃)ボクの診察は2秒で終わるようにしてるからね」と言う担当医。
受診患者は少なくない。早く回転してるだけらしい。


名医だか迷医だかわかりませんが、わたしはこの先生で減薬に成功しましたから良医ですわ。


精神科を選ぶとき、こちらの本が参考になります。

失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方―現役医師が教えます !
失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方―現役医師が教えます !
主婦の友社


小林麻央さんの訃報を聞きました。前向きに闘病されいた…残念です。
同じがんでもそれをうりものにしてる芸能人もいるののに…残念です。
ご冥福をお祈りします。息子さんが素敵な歌舞伎役者になりますように。


神妙なコジ

怒られてうつむくコジ(わたしのイライラでブレてます)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。