葉見ず花見ず

麗しのマダムになるはずがはっかけババアになってしまいました。世間の進歩についていけないババアの世迷言。

探すのを諦めたらみつかった落とし物

9月の雨の日の早朝。オレンジ色のレインコートを着て犬の散歩に行った。雨は激しく降っていたから、トイレを済ませてすぐに家に戻った。10分もかかならい散歩。


玄関のドアを開けようとバックから鍵を出そうとしたら鍵がない。バックにないならレインコートの上着のポケットを探す。ない。もう一度バックの底から探してみるけどない。バックをひっくり返してみても鍵は落ちてこない。


落とした。鍵を落とした。
真っ赤な鈴のキーホルダーのついた鍵。いつもは落としてもチャリンチャリンと鈴の音が「落としたよ、落としたよ」と教えてくれたのに。鈴の音は雨音でかき消されてしまった。


隠し場所にある鍵で玄関のドアを開け、犬の置いて、もう一度散歩した道を歩いた。ない。散歩した道を逆方向で歩いてみたけどない。


側溝、道路の隅の草むらキョロキョロ。
何日も探してみたけどない。
親切な人が拾ってくれないかと思って交番にも遺失物届を提出した。
鍵は出てこない。


で、諦めた。


探し物はなんですか♪見つけにくいものですか♪は井上陽水の『夢の中へ』の歌詞。
探すのをやめた時にみつかることはよくある話しで♪


そうしたら昨日、鍵が見つかった。
夕方、犬を連れて歩いていたら自宅近くの何度も前を通っては探したゴミ集積所にキラリとひかる小さい赤い球体が。わたしに訴えたきたのだ。
「あんた耳悪くなったの?あたし、落としたよ!ここに落ちてる!って鳴らしたんだけどね。まったく気づかないんだから!」


ゴミ集積所のすみっこに真っ赤な鈴のキーホルダーが落ちていた。



散歩待ち望む小次郎

お母さん、鍵見つかってよかったね♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。